アーセナルのオーナーがValorantEsportsへの参入を目論む

アーセナルのオーナーがValorantEsportsへの参入を目論む

クロエンケスポーツアンドエンターテインメント(KSE)伝えられるところによると、アメリカの持ち株会社であるは、来年、ValorantEsportsへの参入を検討しています。 この会社は、英国プレミアリーグのアーセナルFCの所有権で広く知られているスタンクロエンケによって設立されました。

Valorant Esportsはここ数年で大きく成長し、将来に向けて大きなトーナメントが開催されています。 ライアットゲームズによるこの新しいFPSタイトルでは、CSGOからバロラントへの移行から多くのプロが見られ、ほとんどすべての有名な組織が、将来のバロラントトーナメントに出場するためにパワー満載の名簿を手に入れました。

Upcomerのレポートによると、Stan Kroenkeと彼の会社は、まもなくValorantEsportsへの参入を目指しています。 このチームはロサンゼルスを拠点とし、KSEはすでに最初のプレーヤーを採用しています。

Michael’neT ‘Bernetは、KSEのValorant名簿の最初のプレーヤーになると伝えられています。 彼はいくつかのチームでプレーしたことがありますが、まだ注目すべきデビューはしていません。 この名簿の他のプレイヤーは今のところ謎のままです。

KSEは現在2つのeスポーツチームを所有しており、どちらもフランチャイズトーナメント形式でプレーしています。 KSEは、オーバーウォッチリーグのLAグラディエーターとCODリーグのLAゲリラを所有しています。 これは彼らの3番目のeスポーツ名簿になりますが、彼らはまだフランチャイズトーナメントに参加することができません。

トーナメントフランチャイズとリーグ形式のイベントはValorantでまだ開催されておらず、RiotGameのメインタイトルであるLeagueof Legendsを除いて、NA地域にはまだフランチャイズトーナメントがありません。 ライアットゲームズはバロラントにも同様の構造を設定する可能性がありますが、詳細は今のところあいまいなままです。

また読む| VCT LCQについて知っておくべきこと:北米