マディヤプラデーシュが「オンラインゲーム法」に合格:ナロッタムミシュラ

マディヤプラデーシュが「オンラインゲーム法」に合格:ナロッタムミシュラ

報告によると、11歳の少年が水曜日にボパールで自殺した。 伝えられるところでは、少年はガレナによって開発されたオンラインバトルロワイヤルゲームFreeFireに夢中になりました。 このような自己破壊事件が子供たちの間で間近に迫っている一方で、マディヤプラデーシュ州内務大臣のナロッタムミシュラは、MP政府がすべてのオンラインゲームを規制するオンラインゲーム法を導入すると発表しました。

Kooアプリ #FreeFireのような子供のための危険な#OnlineGamesを禁止するために、州政府はまもなく#OnlineGamesActを導入する予定です。 新法案はほぼ準備ができており、まもなく具体化される予定です。 添付のメディアコンテンツを表示する ナロッタム・ミシュラ博士(@drnarottammisra) 2022年1月13日

「FreeFire」のような子供向けの危険なオンラインゲームを禁止するために、州政府はまもなくオンラインゲーム法を導入する予定です。 新法案はほぼ準備ができており、まもなく具体化される予定です。

マディヤプラデーシュ州内務大臣、ナロッタムミシュラ

両親によると、SuryanshはFreeFireにひどく依存していた5番目の標準的な学生でした。 彼らはまた、Suryanshが彼のいとこと一緒に映画を見ていたことを報告しました。 その後、いとこが部屋を出て、ロープにぶら下がっているのが見つかりました。 彼はすぐに病院に入院したが、死んだと宣言された。

ただし、これは最初のケースではありません。 昨年、マディヤプラデーシュ州政府は、チャタルプルで13歳の少年が自殺したため、IPCのセクション305に基づいてFreeFire開発者に対してFIRを提出しました。 彼の遺書の中に、彼はFreeFireで約40,000インドルピーを失ったと書いています。