ルーターとAMDがスポンサーとしてスカイスポーツチャンピオンシップシリーズに参加

Skyesportsチャンピオンシップシリーズは、RiotGamesとSkyesportsの共同作業で開催される公式イベントです。 SCSはVCTステージ2イベントへの道であり、AMDやRooterなどの大手ブランドがこのトーナメントの公式スポンサーとしてSkyesportsと提携しています。

Skyesportsは、南アジアで最高のeスポーツトーナメント主催者の1つとして知られており、Riot Gamesとともに、南アジアのチームがVCTステージ2イベントに参加するための経路を提供するSCSを主催しています。

国際的な半導体企業であるAMDと、インドを代表するストリーミングプラットフォームであるRooterは、Skyesports Champions Seriesのスポンサーとして、Skyesportsと提携しています。

Rooterはこのトーナメントをタミル語、テルグ語、ベンガル語、マラヤーラム語などの複数の地域の言語専用に放送し、ヒンディー語と英語のストリームはYouTubeとRooterでライブストリーミングされます。

AMDはまた、LANフィナーレでプレーヤーに最先端の機器を提供し、可能な限り最高のゲーム体験を提供することにより、重要な役割を果たしています。

このパートナーシップについて、Rooterの共同創設者兼COOであるDipeshAgarwal氏は次のように述べています。

Skyesports ChampionSeries2022のSkyesportsと放送パートナーとして提携できることをうれしく思います。 このようなイベントは、インドの実際のeスポーツの可能性を示しています。 高品質なコンテンツへの需要が高まる中、Rooterを通じて、ファンが7つの異なる言語でプレミアムコンテンツを視聴できるプラットフォームを提供します。 このようなコラボレーションは、インドでeスポーツを拡大するという私たちの目標に沿ったものになると強く信じています。

–Rooterの共同創設者兼COOであるDipeshAgarwal氏。

SkyesportsのCEO兼創設者であるShivaNandyは、RooterとAMDの採用について次のように述べています。

「AMDとRooterは、南アジアのeスポーツおよびゲーム業界の主要プレーヤーであり、南アジアのeスポーツ史上最大のPCトーナメントの1つであるSkyesports Champions Series(SCS)に彼らを迎えることに興奮しています。 チェンナイでのオープン予選とLANプレーオフを備えたSCSは、南アジア全域のプレーヤーに、この地域を国際的に代表するチャンスを提供します。 Rooterがイベントを強化することで、Rooterで地域の言語を独占的に放送することで地域の基盤を拡大しています。」

– SkyesportsのCEO兼創設者、Shiva Nandy

Exit mobile version