ワイルドリフトホライゾンカップ:資格のあるチームのリスト

ワイルドリフトホライゾンカップ:資格のあるチームのリスト

ライアットゲームズは、最初の国際トーナメントを主催しています。 ホライゾンカップ にとって リーグオブレジェンド:ワイルドリフト シンガポールで、すべての地域の播種枠が確認されました。 合計10チームがLAN形式で競争し、WildRiftファンは数日で競争の頂点を目撃します。 ホライゾンカップに出場したチームのリストは次のとおりです。

ワイルドリフトはリーグオブレジェンドのポータブルバージョンであり、モバイルMOBA市場を急速に引き継ぎ、市場で最高のゲーマーになりました。 リーグには巨大なファンがいて、そのeスポーツも同様の方法で祝われています。

ライアットゲームズは、PC eスポーツの相手と同じ成功を収め、Wild RiftEsportsの持続可能なエコシステムを構築しようとしています。 この結果、開発者は世界中で多くの地域トーナメントを主催しました。 このコンペティションの注目は、ワイルドリフトの旅が始まった地域であるSEA地域に最初に向けられました。

Icon Seriesのような小規模なイベントを主催した後、Wild Rift Esportsは、ほぼ全世界で利用可能なオープンベータで、世界中でペースを上げました。 LPL、SEAチャンピオンシップ、チャンピオンズコリアなどのトーナメントは激しい競争を繰り広げており、合計10チームがワイルドリフトホライゾンカップに出場します。

このトーナメントは、シンガポールのサンテックコンベンションセンターで開催されます。 このイベントに参加したチームのリストは次のとおりです。

  • ThunderTalk Gaming – LPLシード1(中国)
  • Da Kun Gaming – Spark Invitational Seed 1(中国)
  • KT Rolster – WCKシード1(韓国)
  • SBTC Esports – SEAチャンピオンシップシード1(SEA)
  • チームシークレット– SEAチャンピオンシップシード2(SEA)
  • チームケソ–オリジンシリーズシード1(EMEA)
  • 部族ゲーム–サモナーシリーズシード1(NA)
  • 戦国ゲーミング–ジャパンカップシード1(JP)
  • TSM –ワイルドツアーシード1(ブラジル)
  • eBROゲーミング-LolcitoSalvaje Open Seed 1(LATAM)

ワイルドリフト愛好家は、11月13日から公式YouTubeチャンネルでお気に入りのチームの活動を見ることができます。

また読む| 戦争の神は2022年1月にPCに来ています