Team Liquid を通り過ぎる Fnatic 風

Team Liquid を通り過ぎる Fnatic 風

Fnatic は、ロワー ブラケット ラウンドで Team Liquid を通り抜け、ロワー ブラケット ファイナルで NUTURN との衝突を引き起こしました。 以前は、Fnatic と Team Liquid の両方が、今日のフィクスチャーでホーンをロックする前に、ロワー ブラケット ラウンド 4/6 から移動しました。

簡単な要約

場所: アイスランド、レイキャビク

ラウンド5/6: Fnatic対チームリキッド

勝者がロワーブラケットファイナルに進出

マップ拒否

  • チームリキッドの禁止アイスボックス
  • Fnatic ban Haven
  • FnaticピックBind、Team Liquidが防御を開始
  • Team Liquid は Ascent、Fnatic を選択して攻撃を開始します
  • スプリットが残ります。

マップ 1: バインド (Fnatic 13-10 チームリキッド)

Fnatic Valorantは、バインドでの攻撃で6-1のリードを獲得したため、試合の調子を整えました.チームリキッドは、初期段階でリズムに乗るのに苦労しました. Adil “ScreaM” Benrlitom と Co はその後、いくつかのラウンドを組み合わせて赤字を最小限に抑え、Fnatic がコントロールを再確立して前半を 7-5 で終えることができました。

チームリキッドは、チームリキッドを存続させ、チームのボードに2桁のスコアを付けたScreaMとDom “Soulcas” Sulcasのおかげで、確かに断固として休憩から抜け出し、すぐにスコアを結びました. しかし、Jake “Boaster” Howlett のブリムストーンでの英雄的行為と混沌とした第 23 ラウンドは、Fnatic がベスト オブ 3 シリーズで 1-0 となったため、Team Liquid に壊滅的な打撃を与えました。

@OfficialBoaster 行く #BEEFFASHION 3でマッチポイントに持っていきます🔥 #VCT pic.twitter.com/ggVC8evaze

— FNATIC (@FNATIC) 2021 年 5 月 29 日

マップ 2: 上昇 (Fnatic 13-10 チームリキッド)

Team Liquid を通り過ぎる Fnatic 風

チーム リキッドは、マップでアセントを 5 対 3 でピックし、防御の早い段階で有利な位置につけて、熱いスタートを切りました。 今回は ScreaM がステップアップし、2 回連続のマルチキル ラウンド、5 回目と 6 回目はリテイクに成功し、最終的に Fnatic をコンフォート ゾーンから締め出しました。 リキッドは7-5で前半を締めくくった。

バインドからの Fnatic の善意は、両チームが直接対決したため、後半に入ってもゲームプレイをさらに強化し続けました。 ゲームのオッズは最終的に Fnatic の方にシフトし、Martin “Magnum” Peogイコフがゲームの最後から 2 番目のラウンドで優位に立ち、後者が B サイトのリテイクを成功させ、Fnatic をリキッドに対して 2 対 0 のフィニッシュに導きました。

大きい #VCT チームのパフォーマンスにより、2 対 0 の勝利が得られます。

GGWP @LiquidValorant – 間に合いませんでした!

私たちは戦いに移ります @NuturnG 私たちの決勝戦での本当のスポットはもうすぐ 👀 pic.twitter.com/RH7TUCoi9t

— FNATIC (@FNATIC) 2021 年 5 月 29 日