VCTマスターズコペンハーゲン:資格のあるチームとスロット

すべての地域でステージ2チャレンジャーがほぼ終了し、Valorant Champions Tourの最終段階にあり、2回目と最後のMastersLANトーナメントが間近に迫っています。

VCTマスターズコペンハーゲンは来月7月7日から開幕し、世界中の12チームが1000サーキットポイントと賞金を争っています。 マスターズIIは、デンマークのコペンハーゲンでライブオーディエンスと一緒にLAN上で開催およびホストされます。 その詳細はまだ発表されていません。

トーナメントには合計12のチームが参加し、マスターIと同様の形式に従い、トップシードがプレーオフで直接スロットを獲得し、2番目または3番目のシードがグループステージで戦う必要があります。

各リージョンのスロットは次のようになります。

https://images.contentstack.io/v3/assets/bltb730eada072bdbf4/blt1bd653a77fe067c9/627a015b8c90c334d0d41e57/Copy_of_02_Masters_Slots_v2.jpg

EMEAの対象となる地域リーグがこの地域にあり、面積が大きいため、ヨーロッパと中東であるEMEAは3つのスロットを獲得します。 複数の国では、EMEAから3人の代表者がいます。 同じチャレンジャーイベントがライブで、6月26日に終了します。 EMEAからは、すでにギルドとFnaticに2人の代表者がいます。

同様に、APACの場合、地域予選はより小さな地域で行われ、そのうち20チームが現在APACチャレンジャーをプレーしています。現在、グループステージは16チーム間でプレーされ、そのうち8チームがプレーオフに参加します。 その後、APACチャレンジャーの上位2チームは、マスターズIIコペンハーゲンに進みます。

北米では、オープン予選形式が採用され、ステージ2VCTNAチャレンジャーのグループステージが6月12日に終了しました。 マスターズIIコペンハーゲンの資格を得るために、プレーオフで最後の8チームが戦います。 これらの8つのチームのうち2つだけがマスターに到達します。

南アメリカはマスターズIIで3つのスロットを獲得します。 南米が従う形式は少し異なり、ブラジルの代表者が1人、LATAMの代表者が1人います。南米の代表者がいる場合、LATAMのランナーアップとブラジルチャレンジャーの間でBO5の試合が行われます。

日本と韓国にはそれぞれ1つのスロットがあり、現在チャレンジャーがプレイしています。6月26日までに日本と韓国の代表者を迎えます。

マスターズIIコペンハーゲンの資格をすでに取得しているチーム:

M3チャンピオン(元ギャンビット)を破った後、ギルドeスポーツはVCTマスターズIIコペンハーゲンの資格を得た最初のチームになりました。 チームはVCTEMEAチャレンジャーIの強力な候補でしたが、マスターズIレイキャビクの資格を得ることができませんでした。

の最初のEMEA担当者 #VALORANTMasters コペンハーゲン!!@guildesports pic.twitter.com/Kj4M070h4U

— VALORANTチャンピオンズツアー(@ValorantEsports) 2022年6月18日

EMEAから資格を得る2番目のチームはFnaticです。Fnaticは、国際的なイベントが4回行われた中で3回目となるEMEAを代表しています。 Fnaticは力強く見え、マスターズが大失敗した後は血に飢えているでしょう。

ロックイン!! コペンハーゲンでお会いしましょう @FNATIC#VALORANTMasters pic.twitter.com/m195x1pFjk

— VALORANTチャンピオンズツアー(@ValorantEsports) 2022年6月18日

VCTマスターズコペンハーゲンの資格を持つ別のEMEAチームがあります。

また、6月26日までに他の地域から代表者を迎えます。

参加するすべてのチームは、トロフィーだけでなくサーキットポイントでもトーナメントに勝つことを試みます。 Valorant Championsはすでに直接の資格なしで発表されているため、各地域のチームはサーキットポイントを直接使用して資格を取得したいと考えています。 地域の残りのチームは、トーナメントの資格を得るためにLCQを通過する必要があります。

Exit mobile version